9) 過時雑信 Feed

2018年4月20日 (金)

働くことの根源的テーマを語り合うイベント

Twdw2_2
Tokyo Work Design Week 2018 にパネラーとして出席します

仕事・働くことの根源的なテーマを選び、会場全体でディスカッションします。討論を促す概念的なイラスト・図がさまざま投影されますのでお楽しみに。

【日時】2018年5月11日(金)19:30-21:30
【場所】渋谷ヒカリエ8階コート(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
【定員】先着100名?
【チケット】2,000円(税込)
【参加対象】”新しい働き方”に関心がある30代を中心にした男女。
【協力】渋谷ヒカリエ/東急電鉄

詳細案内と申し込みは下のサイトからお願いします。
https://twdw20180511.peatix.com/

2018年3月 8日 (木)

新著『働き方の哲学』を刊行します

Page_mix2

独立後、10冊目となる著作を刊行します。

 『働き方の哲学』

  著:村山 昇
  絵:若田紗希
  発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  定価:2600円(税抜き)|2808円(税込み)


働くこと・仕事・キャリアにかかわる基本概念73項目を豊富なイラスト・図とともに考えていく絵事典です。

​→ 詳細の案内情報はこちらから

2018年1月 3日 (水)

新コラム『明日からの仕事景色を変える概念図』スタート!



GLOBIS知見録にて新コラムを開始しました。

 ●新コラム
明日からの仕事景色を変える概念図
https://globis.jp/category/408

 

●コラムのコンセプト
物事の本質は、ときに文章よりも図によってつかんだほうが腹落ちする場合があります。このコラムでは、世の中のさまざまな事象を1枚の概念図で表現することを試みます。さあ、「図観力=図を通して物事の本質を観る力」を刺激し、「イノベーティブ・コンセプチュアライゼーション=革新を呼び覚ます概念化」を楽しむ旅に出発しましょう!

 

第1回目の記事は
「絶え間ない変化の中で「変えないもの」は何か?」
https://globis.jp/article/6114

Cpimage

毎回、仕事・キャリア・事業・人生の本質をとらえる概念図を起こし、コンセプチュアルに考えることを誘っていく記事です。どうぞお楽しみに!



 

2017年4月29日 (土)

「コンセプチュアル思考」セミナー開催します!


「コンセプチュアル思考」1日集中セミナーを開催します!

大手ビジネス出版社のダイヤモンド社がこのたび
研修・セミナー事業『ダイヤモンド・プラクシス』を開始します。
それに合わせ、私も「コンセプチュアル思考」セミナーを2回実施します。
(2回の内容は異なります)

実践「コンセプチュアル思考」=第1回=
事業・商品に新しい概念の光を当てる

●開催日時:2017年6月27日(火曜日) 10:00-17:00
●受講料(税込):32,400円
●会場:日本マンパワービル(東京都千代田区神田)

セミナーの詳細情報・申し込みは下のサイトでご覧ください。
http://diamond-seminar.com/lesson/ld101/

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

実践「コンセプチュアル思考」=第2回=
事業とチームを生まれ変わらせる概念化の力

●開催日時:2017年9月14日(木曜日) 10:00-17:00
●受講料(税込):32,400円
●会場:日本マンパワービル(東京都千代田区神田)

セミナーの詳細情報・申し込みは下のサイトでご覧ください。
http://diamond-seminar.com/lesson/ld102/

 

Photo

新しい思考技術のワークが満載です。
ご関心のある方は是非ご検討ください!



2017年1月 3日 (火)

2017年 あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年の執筆は次の2つの記事からスタートしています。

【1】 グロービス知見録「働くココロに哲分補給」は連載3年目を迎えました。
本年最初の1本です。

●「枠の中の優秀な人・枠を破る人・枠を創る人」

Photo

また、2016年グロービス知見録「読む・学ぶ」ベスト10の第4位に
下の記事がランクインしました。合わせてどうぞ。
 
●「成長上手な人」と「成長ベタな人」の差



【2】
14歳から大人まで 生きることの根っこをかんがえる『ふだんの哲学』
●ものごとのとらえ方[3]~信念に生きる・信念に死す

0703top



本年もまた読者の皆様にとって素晴らしい一年が訪れますように(祈)


過去の記事を一覧する

Related Site

Link