« 上司をマネジメントする〈1〉~上司は「資源」である | メイン | 留め書き〈009〉 ~「失敗」について »

2010年4月26日 (月)

上司をマネジメントする〈2〉~フォロワーシップという考え方

Grnwalk 


「上司」に対して「部下」という言葉があります。
では、 「リーダーシップ」 (leadership:指導性、統率者としての地位、任務、能力)に対して、
どんな言葉があるでしょうか?

――――答えは 「フォロワーシップ」 (followership)です。

これに関連して、もうひとつ質問します。

「ナポレオンはなぜ偉大なリーダーになれたのでしょうか?」
――――答えは、偉大な 「フォロワー」 がいたから。

◆フォロワーシップ=「従支性・従支力」
いまのところフォロワーシップに対してよい訳語は付けられていません。
私は、指導者に従い、支えるという意味で「従支」という言葉を当てたいと思います。

したがって、フォロワーシップとは、
「従支者としての立場やその能力」ということになりましょうか。

優れたリーダーの下には、必ず優れたフォロワーがいます。
逆に言えば、いくら潜在的に優れたリーダー資質を持った人でも、
彼に従い、彼を支えてくれるフォロワーがいなければ、タダの人に終わってしまいます。
ですから、ナポレオンが偉大なリーダーになりえた理由の最大のひとつは
偉大な従支者を持ったということなのです。

このことは現在の事業組織においてもまったく有効で、
ひとつの組織において、
優れたリーダーと優れたフォロワーが相互作用をはたらかせてはじめて
目覚ましい成果を出すことができるのです。

また、 一人の人間の中においても、
リーダーシップとフォロワーシップは同居しています

優れたフォロワーシップを発揮する者は、優れたリーダーになりえる―――
そうしたことを実証するフォロワーシップ研究も進んでいます。

リーダーシップとフォロワーシップはコインの両面である。
組織論やリーダーシップ論を研究する上で、この対になる2つの概念は注目されています。

◆フォロワーシップの5つのタイプ
フォロワーというと、上から言われたことを素直に聞いて動く
という狭いイメージになりがちですが、
実際のフォロワーはもっと広がりをもった存在です。

フォロワーシップを広く世に知らしめたロバート・ケリー教授(米・カーネギーメロン大学)は、
著書『指導力革命』(プレジデント社)の中で、
フォロワーを5つのタイプに分けています。
(タイプ分けには次の2つの軸を使っています;
「独自のクリティカル・シンキング」か「依存的・無批判な考え方」か、
「積極的な関与」か「消極的な関与」か)

その分類をかいつまんで説明すると……

○【「模範的」フォロワー】 (Exemplary Follower) 
独自の基準や価値判断で思考し、上司にも積極的にはたらきかけをするタイプです。
この手のタイプが上司マネジメントの能力も優れていて、
将来はみずからも優れたリーダーになっていく可能性が高いといえます。
組織の中では「ホープ」「エース」的な存在かもしれません。

○【「孤立型」フォロワー】 (Alienated Follower) 
自分独自の冷めた思考が要因となって、
上司へのはたらきかけをあまりしないタイプです。
いわゆるアウトロー、批評家タイプの部下がこれにあたります。

○【「消極的」フォロワー】 (Passive Follower) 
みずからの視点で考えることをせず、
また上司に対しても積極的にはたらきかけていくわけでもなく、
言われた分だけ「ま、やるか」というタイプです。
事なかれ主義の部下といっていいでしょう。

○【「順応型」フォロワー】 (Conformist Follower) 
上司から言われたことを無批判に受け入れながら、積極的に動くタイプで、
いわゆる「太鼓持ち」「ゴマすり」がこれに当たります。

○【「実務型」フォロワー】 (Pragmatic Follower)
上の4つのタイプの中庸をいき、
組織内での生き残りをしたたかに考える現実派タイプとなります。


◆志の高いゴマすり・志の低いゴマすり
神戸大学の金井壽宏教授は、『ハッピー社員』(プレジデント社)の中で、
フォロワーシップを「悪玉」と「善玉」に分けて説明しています。

 「悪玉フォロワーシップとは、簡単に言うと、『志の低いゴマすり』のこと。
 私利私欲のためだけに働くタイプが取る行動だ。
 常に自分の立場、自分の仕事成績のことだけを考えていて、
 そのため『便宜的に』権威者にゴマをするというフォロワーシップなのである。
  (中略)
 一方、善玉フォロワーシップとは、上司の示すミッションに共鳴し、
 かつそのミッションを果たすことが会社の利益になることを納得し、
 『喜んで』上司に仕えるというフォロワーシップのこと。
 これもゴマすりの一種だとしても、『志の高いゴマすり』であり、
 推進力、実現力を発揮するための一つのスキルである」。

* * * * *

私たちは上司をつかまえて、
―――「あの人にはリーダーシップがない」と簡単に批評はできます。

では今度、――― 「自分には優れたフォロワーシップがあるだろうか?」
と自問してみてください。

もし、胸にズキンときたら、きょうから「志の高いゴマすり」、
すなわち、いかに部下として優れたフォローができるかを考えてみてください。
それが上司をマネジメントすることにもつながってきます。

あなたが優れたフォロワーになることができれば、
私はそれを名づけて「賢従者」と呼びたいと思います。
(ちなみにそれに反対であれば「愚従者」と呼びます)

 

*本シリーズ記事の詳細議論は、拙著『上司をマネジメント』を参照ください。



コメント

コメントを投稿

過去の記事を一覧する

Related Site

Link

Writing Stuff