« 親とともに学ぶ「子ども向けキャリア教育」 | メイン | 留め書き〈032〉~静かだが、深く広く響いていく声 »

2013年4月17日 (水)

種籾の準備 ~一粒から生まれる力

Nou_header_3


Tanemomi_01f
 私は「徴農制」という言葉を、丹羽宇一郎(伊藤忠商事元会長、前中国大使)さんが話題にしているときに初めて知りました。調べてみると、徴農制は過去の人類社会のなかでさまざまに試行されているようです。ただ、体制側の思想的な操作がはたらくことが多く、歴史的に成功した例は少ないようです。
 ですが、「徴」という国民を召し出す制度ではなく、「農」の体験を広く人びとがすることはとても大事なことだと思います。

 「農」の営み───それは、いのちを育み、いのちをいただくことです。
 いのちの不思議さを知り、いのちの尊さを知ることです。
 自然を耕すことは、自分を耕すこと。

 みずからがつくり出す現代文明でありながら、皮肉にもその激流にさらわれ、もはや自分たちがどこにむかうのかをコントロールできなくなった私たちにとって、「農」こそが本来の人間らしさを取り戻すための唯一の矯正機能かもしれません。

 さて、私はこの春から地元の有志が主宰する『田んぼの学校』に入学しました。一から稲作を習おうと思っています。その様子をこのブログでも綴っていきたいと思います。

Tanemomi_02f
 6月の田植えを前に、「種籾(たねもみ)」の準備をします。米は、言うまでもなく普段みているあの米粒が種です。「ご飯茶わんに米粒を残しちゃだめよ」とよく母親に言われました。1粒の米を育てるとそこから何粒くらい収穫できるかご存じですか?───調査によると500粒くらい(多いものでは1000粒)だそうです。1粒の米はそれほどの繁殖力を宿しているのです。ですから1粒の米も残せないという気持ちになりますね。

 種籾は当然、生命力の強いものを選別しなくてはなりません。その方法が「塩水選」です。ある濃度の塩水(水200gに対し塩16g)に種籾を浸して、沈んだものがよい種籾となるそうです。つまり、中身が重く詰まったものが生命力もあるということですね。古人の知恵はシンプルです。

Tanemomi_03f
 そうして選別した種籾を水洗いして水に浸ける。すると数日で発芽するそうです。今回の作業はここまで。種から芽を出すことの観察、実に小学校以来です。

 さぁ、この種籾の選別・発芽から、約半年間の「いのちを育み いのちをいただく」ことの旅が始まります。

コメント

時折読ませて頂いています。僕は金融機関から転職し、現在は米や野菜の流通・宅配・レストラン事業に携わっています。
>「農」こそが本来の人間らしさを取り戻すための唯一の矯正機能かもしれません。
村山さんと同じく僕も、農村留学が教育課程にもあればいいと10年ほど前から考えていました。他人と協力して汗を流し、自然の理の中で食い物を生産し、美味いものを仲間と分かち合って食べる。この素朴で調和・平和的な生活体験は、国や文化や時代を問わず人間社会なら普遍の価値があると思うからです。
教育基本法にもあるように、「人格の完成」に向けて、勤労を尊ぶ態度を養う最も合理的なアプローチに思えます。たとえば作った食料は、国内の生活保護の現物給付に当てたり、海外の貧困地域の食料援助にあてるのもいい。社会問題を考え、仲間と話し合い、その問題の一つに自分らもまさに参加しているのだと認識する教育プログラムであってもいいかもしれません。
余った農地、高齢化する農村にとっても良いことづくめです。これほどコスト不要で、人材育成の効果を高める施策はないように思います。
実はビジネスとしても成立します。これについては、極めてインスピレーションに富む知人の記事があります。参考になれば幸いです。http://www.trinityinc.jp/updated/?cat=59

千明さん

コメント有難うございます。
ご紹介いただいた樋口さんのブログ拝見いたしました。今日の農業問題解決の糸口を、一見ありふれてはいますが、しっかりとした根拠を軸に「人手」と断言されていることに驚かされました。しかし、読み進むうち、その人手の解決策を「援農プロジェクト×地域通貨」というところに展開されている点に共感・賛同を覚えました。世の中の事業や職業が、貨幣という形で最大のリターンを狙う、悪い意味での資本主義の先鋭化におかされている昨今、樋口さんの提案はとても大事な発想の転換を含んでいるように思います。こうした考え方が、官民、そして個人・地域・国で広がって(たとえ多数派にならなくとも)潮流を変えることに私も加担したいと思います。

また、千明さんのブログも少し拝見いたしました。示唆に富む深みのある思索がなされているようですね。あらためてよく読んで、勉強させていただきたいなと思いました。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

過去の記事を一覧する

Related Site

Link

Writing Stuff