« 自分を超えていくところに、新しい自分と出合う | メイン | 志力格差の時代〈中〉~格差の根っこはどこにある? »

2009年12月 5日 (土)

志力格差の時代〈上〉~ロールモデルは不在か?

Tohukuji01 
京都・東福寺にて(1)


「あなたが尊敬する人は誰ですか?」―――こういうアンケートが行われると、
日本の子供・若者の場合、たいてい答えが決まっている。

その答えの第1位は、ダントツで「両親(父・母)」である。
これは長年変わりがない。
そして1位に遠く離された格好で、「先生」とか「兄弟」とか、
今なら「イチロー」とかが続く。

「なんだ、親子関係がギスギスしているような風潮で、安心できる結果じゃないか」
と大人たちは、うれしがるかもしれない。
一方、子供たちも、「一番に尊敬できるのは両親です」と答えておけば、
周りから感心されるばかりなので、とりあえず無難にそう答えておくか、
一部にはそんな心理がはたらいているのかもしれない。

私は、多くの子供・若者が、判を押したように「尊敬する人は両親」と答えるのは、
あまり感心しないし、その流れは変わった方がいいとさえ思っている


これは何も、親を尊敬するな、と言っているのではない。
もしこれが「あなたが一番感謝したい人は誰ですか?」―――「両親です」、
「あなたが一番大事にしたい人は誰ですか?」―――「両親です」、
であるならば、これはもう諸手を挙げて感心したい。
親というものは、尊敬の対象というより、感謝の対象のほうがより自然な感じがする。

* * * * *

今回の京都出張は、大学で講義を行うのが目的でした。
大学生に対し「就活テクニック」を伝授するセミナーは花盛りであるが、
大学生最大の問題である―――「そもそも自分のやりたいことがわからない」
といったことに深く向き合い自問するセミナーや講義は少ない。
(ときどき、「自己診断テスト」とか「適性能力発見テスト」といった
自己分析ツールによって職業選択を考えさせるプログラムがあるけれども、
これによって自分のやりたいことがつかめるわけではない。
生涯を賭してやりたいことというのは、分析ではなく「想い」から生じるものだから

そんな折に、立命館大学から、
「就活テクではなく、キャリアをきっちり考える公開講義をやりたいので」
ということで依頼があり、話をお受けすることにしました。

「自分のやりたいことがわからない」、
「自分のなりたいものがわからない」
――――
こうした問いに対する答え(答えというより“方向性”とか“像”とかいったもの)を
自分の中に持つために私が伝えていることはただひとつ―――

「立志伝・人物伝を読みなさい」です。

私は、若い世代の「やりたいこと・なりたいもの」の発想・意欲が薄弱なのは、
ひとえに模範とすべき人物像(広い意味で“ロールモデル”)の欠如だと思っている。

多様な人間像・多様な生き様・多様な働き様を、彼らは残念ながらあまりにもみていない。
多分、社会・大人たちがそう誘(いざな)ってこなかったことの結果だと思う。
そして若い世代はテレビに出てくる人しか知らない、知ろうとしない(人を知るのも受け身だから)。
いずれにしても、彼らの知る人は、狭い上に偏り過ぎている。
だから、自分の生き様をどうしていきたいのか、発想も意欲も湧きにくい。

小さい頃から多様なモデルを摂取していれば、
尊敬する人は?という問いに対して、誰も彼もが「両親」と紋切りに答えるわけはないのです。

だから、私が大学生や若年社員向けの講義や研修で言うことは、
「今一度、野口英世やヘレンケラーやガンジーなどの自伝や物語を読んでみなさい」です。

もちろん、ここで言う野口英世やヘレンケラーなどは象徴的な人物を挙げているだけで、
古今東西、第一級の人物、スケールの大きな生き方をした人間、
その世界の開拓者・変革者ならだれでもいいわけです。

そうした偉人たちについて、
小学校の学級文庫(マンガか何かで書かれた本)で読んだ時は
誰しもたいていその人の生涯のあらすじを追うのに精いっぱいだったと思う。
しかし、ある程度大人になってから、活字の本で改めて読んでみると
そこには新しい発見、啓発、刺激、思索の素がたくさん詰まっている。

それら偉人たちの生涯に真摯に触れると、
まず、自分の人生や思考がいかにちっぽけであるかに気がつく。
同時に、自分の恵まれた日常環境に「有難さの念」がわく。
そして、「こんな生ぬるい自分じゃいけないぞ」というエネルギーが起こってくる。
それは、“焦り”という感情というより、“健全な前進意志の発露”に近い。

そうやって多様なモデルを摂取し続けていると、
具体的に「ああ、こんな生き方をしてみたいな」という模範モデルに必ず出会える。
そして、何らかの行動を起こし、もがいていけば、
自分の方向性や理想像がおぼろげながら見えてくる。
そこまでくると、自分の集中すべきことが明確になってきて、ますます方向性と像が
はっきりしてくる―――
これが私の主張する「自分のやりたいこと・なりたいもの」が見えてくるプロセスです。

私が書物で出会ったロールモデルはそれこそ挙げればきりがないのですが、
その一つに、大学のときに読んだ『竜馬がゆく』(司馬遼太郎著)の中の坂本竜馬がある。
私はこの竜馬の姿を見て、二つのことを意志として強く持ちました。

一つは、狭い視界の中で生きない。世界が見える位置に自分を投げ出すこと。
一つは、どうせやる仕事なら、自分の一挙手一投足が世の中に何か響くような仕事をやる。

このときの意志が、自分としては、その後の米国留学、
メディア会社(出版社でのビジネスジャーナリスト)への就職につながっていきました。

冷めた人間の声として、
小説の中の坂本竜馬なんぞは、過剰に演出されたキャラクターであり、
それを真に受けて尊敬する、模範にするなどは滑稽だ、というものがあるかもしれない。
しかし、どの部分が演出であり、どこまでが架空であるかは本質的な問題ではない。
そのモデルによって、自分が感化を受け、意志を持ち、
自分の人生のコースがよりよい方向へ変われば、それは自分にとって「勝ち」なのです。
他人がどうこう言おうが、自分は重大な出会いをしたのだ!---ただそれだけです。

ともかく最初のローギアを入れるところが、一番難しい。
しかし、方法論としては、極めて単純で「第一級の人物の本を読もう!」なのです。
「何を、どう生きたか」というサンプルを多く見た人は、
自分が「何を、どう生きるか」という発想が豊富に湧く。

確かに、身の周りを見渡して、立派なロールモデルはいないかもしれない。
(職場の上司や経営者だって、立派な人物は極めて少ない)
しかし、図書館に行けば、古今東西、無尽蔵にいる。
時空を超えて、自分の生涯のコースを変えるモデル探しをすることを、是非お勧めしたい。

Tohukuji02 
京都・東福寺にて(2)


 

コメント

先生お久しぶりです。
今、先生のアーカイブを少しずつ見直しています。なぜかと申しますと私は子どもたちに(小2~6年生)ダンスを教えていますが、はたして大事な時期の子供たちにダンスを通して何を教えているのだろう?と疑問がでてくるのです。
もちろん大会で優勝というものを目標において週3日のレッスンをしています。社交ダンスをする子どもはほんとにわずかです。多くの子どもたちは塾や流行りの習い事や学童保育に行っています。
村山先生の教えは、子供たちにこそ必要だと私は思います。中学校では今年4月から、武道とダンスが必修科目になるそうですが、やり方次第では過去のゆとり教育みたいになると思います。
村山先生の教えは子どもたちに必要だとつくづく思います。そんな本が先生のお力で出版されたらどんなにすごい事かと思います。

大野さま

本ブログを読み返していただいていること書き手としてうれしい思いです。継続のエネルギーになります。
私は職業として企業の従業員向けに研修を行っていますが、「働くマインド・生きる力」を育むのはやはり子どもの時期こそが決定的に重要だと痛感しています。その意味で、私は今後、仕事以外のライフワークとして学童に向けたキャリア教育を真剣に考えているんですよ。
子どもたちと触れあうことに関しては、大野さんのほうが大先輩です。近い将来にむしろ私のほうが教えを請うかもしれません。

NHK総合テレビで「課外授業 ようこそ先輩」という番組がやっています。あれは毎回ほんとうに素晴らしい内容で、とても参考になり、刺激になります。

先生さっそくのお返事感謝申し上げます。
先生もその様な事を考えておられるとは心強いかぎりです。
一瞬涙が出そうになりました、なぜか先生が苦労してしまうのではないか?と思ってしまったからです。
待っています!!それまで先生のブログで毎日勉強しつづけています。
実は先生のブログ一年以上毎日見ています。
今年で62歳になりますが、人生楽しいと思います。
NHKの課外授業ようこそ先輩を見てみます、ありがとうございます。

大野さま

人生の大先輩からの度重なるメッセージ、感謝とともに気の引き締まる思いです。
他人様の子どもを預かり、彼らの心身を涵養する作業がどれだけ難しいことか、私は大野さんの何分の一も理解していないのですが、一歩ずつ行動を起こしていきたいと思っています。
大野さんにおかれましても、ますますご健康で、ご活躍を!

真剣な大人がここにもいらっしゃたことに感動しつつ。

コメントを投稿

過去の記事を一覧する

Related Site

Link

Writing Stuff